『髪を染める』とは

髪を染めるとはどういうことか

カラー剤が髪の毛にひっつく

髪の毛の黒色の色素(メラニンという)を削り薄くなる

薄くなったところにカラー剤の色素が中に入りメラニンが薄くなった茶色の上に色素

画像名
外国人風カラーにしたい子

図のクオリティ。。。


画像名
INCE HAIR STAFF

分れば大丈夫でしょ!!(わかるかなあ。。)

茶色くなった髪に
青の色素のせても青にならない理由がここにあります。

よくカラーチャート(カラーカウンセリングの時に見せられるやつ)で
美容師にこの色にしますね〜って言われてもその色にならないことがよくあると思います。

それは真っ白までブリーチで色を抜かない限り、茶色+美容師さんが指定したカラー剤の色になるからです!

画像名
INCE HAIR STAFF

こういうことですね。

メラニンを薄くしまくれば、狙った髪色にしやすいが。。

そう。メラニンを薄くするってことは髪色を明るくするってことです。

薄くなればなるほど狙った髪色にすることが簡単になります。

だから、綺麗な色をする時にブリーチ使うんですね。
ちなみにブリーチってのは全く色素が入っていなくて、脱色することだけに特化したカラー剤です。

画像名
外国人風カラーにしたい子

明るくしたらしたい髪色にしやすいけど、その分ダメージも増える等価交換ってことなんですね。。!

画像名
INCE HAIR STAFF

まさしく!ダメージと明るさは等価交換!


INCE HAIRはなるべくダメージ少なく(明るくしすぎず)最大限の発色!がウリです

必要以上に明るくしてしまってるパターンって本当に多いんです。

髪の毛は一度明るくすると絶対に自然治癒でメラニンが元に戻ることはないのです。

つまり、一度でも一定の明るさになったことがあるならば、
明るくするカラー剤は使わない方が良いわけです。
(前回のカラー剤の色素が残っていてそれを削るためにする場合が多いのです)

つまり、綺麗な髪✖︎綺麗な髪色を実現するためには
計画的にカラーの色を決めていくことが大切だということです。

画像名
INCE HAIR STAFF

ご利用は計画的に☆